保育系学校の進学

保育園

短大や専門学校との違い

保育士を目指す人がまず考えるのは保育系の大学や短大、専門学校への進学です。保育士は厚生労働大臣指定の学校で学び実習を重ねれば卒業と同時に資格取得できます。これから保育系の学校に進学して資格取得したいと考えている場合、最初に迷うのが大学か短大、専門学校のどこを選べば良いかということです。最短で資格取得を目指すなら短大や専門学校です。入学してから2〜3年で卒業と同時に保育士資格を取得できます。これに対して大学は4年制なので卒業と資格取得までに4年かかります。しかも期間が長い分、短大や専門学校より学費の負担も大きくなります。これらを考えるとデメリットが多いように思えますが、実はメリットも多く保育系の大学を目指す人が増えています。大学進学のメリットとして在学中に保育士以外の資格を複数取得することができます。例えば保育士の他に幼稚園教諭、小学校教諭などの資格を得ることができます。また、保育士資格を取得すれば社会福祉主事や社会福祉士といった資格の受験資格を得ることができます。大学卒業までに複数の資格を持つことが可能になります。社会福祉士や社会福祉主事は需要が高い職業ですから取得しておいたほうが良いでしょう。資格を取得することで活躍の場がぐんと広がります。また、大学を卒業した保育士は、短大や専門学校卒の方よりもお給料が多少高めと言われています。このように保育系の大学には多くのメリットがありますので検討されてはいかがでしょうか。