企業が注目している検定

男性

検定の内容と勉強法

ビジネス関係の資格の中で、ビジネス実務法務検定があり、人気がある資格の1つです。この検定試験は、ビジネスに必要とされる実践的な法律知識をバランスよく身に付けることが目的です。この資格の取得を薦める企業も少なからず存在しているのが現実です。試験は1級から3級まで3種類あり、1級になると難易度が高くなるのが特徴です。受験資格は、3級と2級は学歴・年齢などによる制限がないため、誰でも受験することが可能です。一方で1級に関しては、2級の検定試験に合格した人のみ受験対象となるのです。1級は年1回・1級以外は7月と12月に実施されている資格です。3級と2級は何れもマークシート方式で、2時間以内に試験問題を解くことが要求されるのです。1級は、共通問題と選択問題から構成されていて、双方とも論述形式が採られているのです。勉強方法は、ビジネス実務法務検定試験講座がある予備校に通ったり、独学で学習する方法があげられるでしょう。3級と2級はコツコツ勉強すれば独学でも十分取得することが可能です。テキストと問題集を繰り返し学習した上で、試験の直前期には過去問題を行うと良いです。手を広げすぎず、基礎及び試験で出題されやすい部分を集中して勉強することが、合格の近道といえるでしょう。1級の場合は、国家資格並みに勉強時間や労力が要求されるのがこの資格の特徴です。試験では六法の持ち込みが可能なため、普段から六法を使用しておくことが必要です。